他の投資法

純金積立のメリット

純金積立のメリット

少額からできる

純金積立のメリットは、何と言っても 「少しずつ積み立てる」 ことでしょう。金やプラチナといった貴金属はとても高価で一気にまとめ買いをするのはとても大変です。そのため少しずつ買い貯めていけるこのしくみはとても有効な方法になります。

貯めると金塊になる

純金積立は、実際に金を購入する方法なので一定の量になれば金塊のバーなどの地金にすることができます。貴金属店などでは数千円分で金を買うことはできませんし、貯めて金塊にすることもできません。すこしずつお金を投資して金塊を作るというのはとても楽しいものです。

積立で金塊にまとめることができる

現物が手に入る

純金積立はお金を払って金を購入する方法なので、万一金価格が大幅に下落しても金の現物を手元に残すことができます。金は有史以来無価値になったことはありませんので、手持ち資産として保全しておいて金の価格が戻るまで待つこともできます。

とっても楽なシステム

一度設定してしまえば後は手間もかからず、とても楽な金投資なのです。知らず知らずに金が貯まっていて、気づいたら金塊ができていたという喜びを味わうことができます。

平均で安く買える

この純金積立というのはドル・コスト法というやり方で金を買います。この方法は金価格が高いときは少ない量を、安いときは多い量を買い付ける方法なので平均単価が低くおさえられるという特徴をもっています。

いつでも追加購入可能

毎月決まった金額を引き落として日割り計算で買い付ける純金積立ですが、自分の判断でまとめ買いすることもできます。「スポット購入」といい、毎月の積立とは別にまとめ買い足しをすることができるので 「今の価格は安い!」 と思ったときに追加購入できるという便利な拡張性をもっているのです。

金をもつことのメリット

インフレ抑制

インフレになるとモノの値段が上昇する一方で、貨幣の価値が低下してしまいます。そのため実物資産の価値がない株式や債券の価値は下がりますが、実物資産である金への投資意欲が増し、大きく価格が上昇します。歴史上金が価値を失うようなことは今まで無かったのですから金は「紙クズ」になることはありません。

戦争・不況に強い

金は 「有事の金買い」 と言われるように戦争などの有事が起こったときに価格が上がります。また経済の有事の時も、多くの金融商品は価値が下がりますが、金の不変的な価値から価格が上がります。そのため経済が悪ければ悪いほど、情勢が悪ければ悪いときほど金の価値は高くなるのです。

どこでも通用する

”金” というのは世界のあらゆる国、人間に通用する唯一の存在でもあります。現在の紙の紙幣ができる前は世界中のあらゆる通貨に対して金が使われていました。日本でも戦国時代や江戸時代、大判小判などは全て”金”で作られていましたね。これも”金”というのが世界中どこでもあらゆる時代においてその価値を認められていたからに他なりません。

消費税アップで儲かる

金というのは購入時に消費税がかかりますが、売却時は消費税分が上乗せされますので、消費税が上がらないときに金を買い、消費税率のアップした後に売却すれば消費税の上昇分だけ儲かることになります。

人類史上、無価値になったことがない

金というのはシュメール人が使い始めた頃から無価値になったことはありません。その希少性からいつの時代も高い価値をもち続け、財産の代名詞になっていました。そのため価格は変動して購入時より下がることはあってもゼロになることは絶対にありません